スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】プラダを着た悪魔 

プラダを着た悪魔を見た。
女の人が大好きな感じの映画で面白かった。

しかしながら、メリルストリープがすっごい!
もう結構な年なのにすっげぇ綺麗で存在感ありまくり。
めっちゃかっこよかった。

すんげいオシャレーな映画で目の保養になりました。

スポンサーサイト

【映画コメント】そういえば結構見てた('A`) 

もうすっかり更新を忘れていたけど、当初のブログ目的は、
映画と本の感想を書こうと思っていたんだった…
せっかく更新しようって気になってるので更新しときます。

【ナルニア国物語】評価:★★★☆☆
どうしても指輪物語と比べてしまう。
しかも、指輪物語のが私には好みだったので、辛口採点
(子供向けの内容っぽくてイマイチ納得もいかなかった)

【ファイナルファンタジーアドベントチルドレン】評価:★★☆☆☆
CGでよく作ったねぇって感じ。映画的に観たら辛口採点だけど、
ぶっちゃけ昔ハマッていた人には堪りません。
久々にセフィロスの歌が聴けてうれしかったヨ(゚∀゚)

【ダウィンチ・コード】評価:★★★☆☆
んー普通。とりあえずイライラしておいた('A`)
キリストとかモナリザとか色々興味ある内容なんだけど、
多分、原作読んだほうがもっと面白いと思われる内容。
原作を映画化するとどうしても内容が入りきらないから
中途半端になるんだよねぇ

【フライトプラン】評価:★☆☆☆☆
パニックルームとか、フライトプランとか、
ジョディフォスターはどうしてこういう映画に出たがるんだろうねぇ。
ぶっちゃけつまらなかった。
話もショボいし、悪役もショボいし、心温まる母子の話かとおもいきや、
ジョディの1人芝居のようなものだったよ・゚・(つД`)・゚・

【パイレーツオブカリビアン】評価:★★★★☆
普通に楽しめました。アクション物は飽きないから面白いねぇ。

【Mr.&Mrs.スミス】評価:★★★★★
こっちも普通に楽しめました。
アンジェリーナジョリーが美しくてかっこよくてメロメロ!なので満点つけときました(゚∀゚)

【ハウルの動く城】評価:★★★★☆
ナウシカ、ラピュタ、トトロに比べると年々意味不明になってきている
宮崎アニメ。
これも説明不足な部分が結構あって後味がちょっと悪かった・゚・(つД`)・゚・
大泉洋が出てるのとマルクルがかわいかったので点数は高めw

映画コメント【ボーン・アイデンティティー】 

評価:★★★☆☆(3.5です!)
安心して観れたかな。なんでジェイソンの記憶が無くなっていたのかがわからなかったが、まあ、楽しめました。
アクション物で良い映画っていうのは、何も考えずに楽しめる作品だと思っているので、この作品は合格でしょう。
マット・ディモンは、ハリウッドスターだけあって、いい体してきたわねぇ~(*゚ー゚)と、別のところに関心しました。

映画コメント【戦場のピアニスト】 

評価:★★★★★
重い。すべてが重い。「戦争」という言葉の重みをかみ締める作品。
最初は、船の上のピアニストみたいにピアノをずぅっと弾いてるのかと思っていたが、全然違った。
一言で言うと重い作品。感想が全然書けない。私はまだまだ修行が足りないようです。
今まで観てきた映画とジャンルが異なるため、評価基準も変えて、あえて星5つを付けたいと思う。
映画だと、多分省略されている部分がかなりあるのかなぁっと思わせる。本を買って読もうと思う。

映画コメント【ヴァンヘルシング】 

評価:なし
つまらなさ炸裂!なんじゃこれ~~~!
TVでやるのを時間つぶしに観るのがベスト!
誰かのHPの批評におもしろいって書いてあったので観たが・・ダマサレタ!

映画コメント【ミスティックリバー】 

評価:★★★★☆
監督がクリントイーストウッドだったよ!そりゃ、気分爽快って映画じゃないよね。世の中の不条理とか矛盾とかを考えさせられて、観終わった後に「ウガー!」って叫びたくなるよ。
デイブがかわいそうで、かわいそうで、泣けてくる。トラウマと戦いながら生きてるのに、友達から疑われ、挙句には・・・(泣)
この映画は、ジミーの妻に腹が立つ。デイブの妻は、なんかありえそうで人間として、弱い女となんだねぇと理解をしようとするが、ジミーの妻は理解したくない。ジミーの妻の言ったことも正しくて、強い女の考え方で関心するんだが、考え方がアメリカ的思考っていうか、自分が良ければいいのよ!って考えがモロ出てて私は苦手。アメリカの映画って唯我独尊系の思考が多いので、古き良き日本人的思考が好きな私としては、なんか腹が立つのです。
(デイブの妻は、デイブを殺人犯だと疑って、そのことデイブの妻はジミーに話してしまい、デイブはジミーに殺される。ジミーの妻は、ジミーがデイブを殺すのをデイブの妻から相談されて知っていたのに止めずに当然の報いだとして受け入れていた。)
物語の切れ目に移る河の映像がアクセントになっていて、おもしろかった

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。